« August 2004 | Main | October 2004 »

Sep 28, 2004

SO./バー

バーボンが2種類くらいしかメニューブックに載ってなかった。
小丸はカクテルが苦手なんで、ウイスキー系が少ないとツライ…。
ビルの3階にあるので夜景も見られるし、インテリアもオシャレなんだけどね。
★三重県伊勢市中島1−1−6

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒庵 坊/居酒屋

日本酒、焼酎、ビールにこだわった酒屋を友人が経営している。その店に、ここの店長が酒を買い付けに来てくれているというので、友人と連れだって顔を出す。
店内にはジャズやブラックミュージックが流れ、小洒落た雰囲気。黒系の木でまとめた店内にはカウンターと座敷席が3つほど。客は男女連ればかりで、デートで来ると得点が高いかもしれない。今度、猫を連れて来ようと思う。
メニューはちょっと一手間加えました系が多いうえに、湯葉や生麩を取り入れるなど女子好み。全体的にあっさりとした味付けで、塩気が押さえてあるのも嬉しい。
ドリンク類は焼酎に力を入れており、麦、芋、米、栗、焼き芋、黒糖とジャンルも、種類も幅広く取りそろえている。

【食リスト】
1・チャンジャ(突き出し)
2・アボカドわさびマヨ和え
3・和風きのこ炒め
4・秋のひりょうず
  ふわふわした食感が新鮮。揚げてないのかもしれない。
5・生湯葉春巻き風
  刺身と水菜を生湯葉で巻き、酢みそで食す。
6・胡麻豆腐の揚げ出し
  熱が回った胡麻豆腐のとろけ加減が旨し。
7・ツナアボカド巻 
  海苔を使用せずに巻いてあるのが面白い。

【飲リスト】
1・ギネスドラフト
  樽詰めギネスとは別物だそう。普段呑んでいるものより、薄く感じたが?
2・開運
  静岡の日本酒。まろやかな味で呑みやすい。かなり好み。

★三重県伊勢市八日市場18-19

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 27, 2004

覚え書き

取りあえず、映画を観たらレビューを書こうとは思っているのですが…。
一応、こんな映画も観てます。気が向いたらレビュー書きます。
どうでもいいですが、脈絡のないラインナップだと我ながら思います。はい。

スイミング・プール
スパイダーマン2
ハリーポッターとアズカバンの囚人
サウンド・オブ・ミュージック
ディープ・ブルー
父と暮らせば

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リアリズムの宿

悲惨過ぎると、笑えてくるものだ。人は。
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
つげ義春の原作は未読。短編のエピソードを取り入れてはいるが、主人公たちの設定なども違い、完全な映画化というわけではないらしい。
顔見知り程度の映画監督と脚本家が、数日間、旅をするロードムービー。
異常な宿に泊まったり、上半身裸の女の子が闖入してきたりとアクシデント山盛りにも関わらず、全体のトーンはのんびり、どんより。
主人公二人がタイプも性格も違うクセに、事件に遭遇しても、騒がず淡々と受け入れて、常に困っているのも、愛しくて、笑わずにはいられない。
ラスト、二人が一緒に映画をつくろうと口約束を交わす。自分もその中に混ぜて欲しいと思うほど、いい感じなんだけど、きっと映画は未完成で終わるんだろうな〜なんて思ったりもする。なんか悲惨なアクシデントばかり呼び込みそうなんだもん。

リアリズムの宿

| | Comments (3) | TrackBack (4)

Sep 24, 2004

テイキング ライブス

マニッシュなアンジェリーナ・ジョリーと無駄に豪華な6人の役者
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
(ネタバレ注意)
前半はサイコキラー・プロファイリング物。後半は女の復讐譚。見事にストーリーが分離している。
おまけに脇役陣に細かな演技をつけて、犯人をぼかそう、ぼかそうとしているにも関わらず、キャスティングの時点で、犯人はバレバレと、困った映画。
「他人の人生を乗っ取って生きていくサイコキラー」という設定は面白いし、アンジェリーナ・ジョリーのプロファイラー演技も様になっていたのだから、前半部分だけで、きっちり作り込めばもっと良い作品になったはず。ジーナ・ローランズ、ジャン=ユーグ・アングラードを始め、無駄に芸達者な役者たちを使い切れていないのも、勿体ない。
これで主役のアンジェリーナ・ジョリーが美しくなかったら、映画館で暴動でも起こすところだ。

但し、アンジェリーナ好きとしては、自らの手で決着をつけるラストはアリ。
同僚に「アイツを殺して」と叫ぶより、やっぱり自分で手を下さないとアンジェリーナじゃないよなっと。

テイキング ライブス -Taking Lives-

| | Comments (0) | TrackBack (1)

痛くなるまで目に入れろ

作・演出:G2
出演:山内圭哉/中山祐一朗/曽世海児/久保田浩/岩崎道子/渡邊慎一郎/松下好/久ケ沢徹
坂田聡/シルビアグラブ/陰山泰
(2004/09/23S ドラマシティ)
(ネタバレ注意)

G2プロデュースで、このメンツなら、ぜったいにコメディだろうと踏んでいたら、大間違い。
基本的には父子の支配・被支配の物語。
父子以外、皆殺しのラストで、怖さや、薄気味の悪さを感じさせたかったのだろうが、その点では演出も、脚本も全然、ダメ。
救いが無いラストというよりも、作品として救いようのない印象を受ける。
役者それぞれに当て書きしたということもあり、演技にも意外性無し。この人は、こう演じるだろうな〜というそのまんま。それなら、それで予定調和を望みたいにも関わらず、中山祐一朗にキジルシ演技をさせていないなんて!!
唯一の収穫は数年ぶりに久保田浩の「ピー、ポンッ!」が聞けたことだけ。
最近のG2プロデュースには落胆させられっぱなし。でも、キャストがなあ。いいところ、突いてくるから、ついつい見てしまうんだよな。

G2プロデュース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かつくら梅田茶屋町店/とんかつ

梅田コマ劇場、ドラマシティと同ビル内なので、観劇時に利用しやすい。
カツは粗めのパン粉で、ざっくり系。意外にさっぱりしていて、食べやすい。
ソースは、小さなすり鉢に入ったゴマを、客自身にあたらせ、そこに甘めのソースを注いだものが基本。あたりたてなので、ゴマの風味が良い。
トンカツ屋ではよくある形式だが、ここも麦飯、キャベツ、おみそ汁のおかわりは自由。大食漢にはありがたいのだろう。
【食リスト】
1・生湯葉のコロッケとヒレかつ膳
ヒレかつにはおろしポン酢が付き、ソースと2種類の味が楽しめる趣向。大根おろしに粗挽きの黒こしょうが混ぜてあるのが面白い。生湯葉のコロッケはクリーム系のタネを、湯葉で巻いて揚げたもの。クリームに生姜の風味が効いている。
2・かつくら京野菜巻き
野菜を湯葉で巻いて揚げてある。京野菜の取り合わせは3種類。
3・手こね青紫蘇ミンチカツ
ミンチは粗め。青紫蘇と銘打っているが、ソースの味に負けてしまっているのが残念。
4・豆腐サラダ
梅ドレッシングに漬け込んである大根と、食感として砕いたおかきがトッピングしてあるのがいい。

★大阪市北区茶屋町19-19アプローズタウンB1
かつくら - 名代とんかつ「かつくら」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 22, 2004

第40回記念 吉例顔見世 夜の部/御園座

一、 熊谷陣屋 
二、 十一代目市川海老蔵襲名披露 口上 
三、 助六由縁江戸桜 

七代目市川新之助改め十一代目市川海老蔵襲名披露、夜の部を鑑賞。新之助は嫌いなのだが、せっかく近くに来るのだからと三等席を取った後に、菊之助が揚巻に扮することに気づいて落胆。菊ちゃんの女形が見られるのなら、一等取れば良かった……。

『熊谷陣屋』
演目自体は2〜3回、見ているのだが、好きではない演目。基本的に「忠」のために、我が子を手に掛けるというパターンの話は感情移入しづらい。
中村鴈治郎が初役で熊谷直実を演じる。先々代の鴈治郎の型を甦らせたということで、今まで見たものとはちょっと違った。印象的なのは首実検のところで、弁慶の立て札を使って、顔を見せないようにする部分と、僧形が有髪であること。鎧を整えるわずかの間に、僧になるのだから、剃髪した坊主頭で現れるよりも、リアルな解釈かもしれない。
それにしても扇雀さんは扇千景にそっくりだ。

『口上』
団十郎が倒れたので、 中村雀右衛門が仕切っていた。雀右衛門を見るたびに、早くこの人の踊りを見ておかないと…と思う。いや、まあ。お年もお年だから……さ。
基本的にはまじめな口上。新・海老蔵の素行をあげたのは一人だけ。

『助六由縁江戸桜』
初見。この芝居はストーリーうんぬんより、もう完全にショーなんだなあと、傾城がずらり並んだ舞台を見て思う。しかも今回は菊之助が揚巻、白玉には亀治郎。亀治郎は可憐な町娘とかが似合うと思っていたけど、傾城姿もなかなか。菊ちゃんは文句なしに美しいし、まさに眼福。若い内にいっぱい見ておかないとなあ。
こうなると、東京での揚巻・玉三郎、白玉・福助を見逃したのは心底、ツライかも。
新之助は見目美しいのだが、発声が今風で、歌舞伎の中ではちょっと浮いて聞こえるのが難。あの声はわざとなんだろうか?
松禄も助六の兄役で出演。よく考えたら、旧三之助、そろい踏みなのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和田金/和食

世界に名だたる松阪牛の名店。駐車場にはずらり並んだ高級車。寿き焼一人前7350円(サービス税10%別)。
取りあえず、ベンツとポルシェの間に、大丸のマーチを駐車して、猫と三人で出陣。
フロントのある玄関でスリッパに履き替え、個室に案内されるスタイルは料理屋というより、観光地のホテル。遠くで子どもの叫び声も聞こえるし、廊下に配してある石灯籠やつくばいも、微妙にチープ…。
入室すると仲居さんが挨拶に登場。以後、すべてのペースを仲居さんに握られ、我々はひたすら料理を食べるマシーンと化すのであった…。
以下、寿き焼の全行程。
1・中心部が火鉢風になった円卓に、直径20センチほどの鉄鍋を設置。
2・牛脂を軽く引いた後、すぐに肉を置く。鍋を熱しないのは、肉がくっつくのを防ぐため。肉と鍋を同時に温める感じで火を通していく。ちなみに肉のサイズはステーキの薄切り状。2枚入れると、鍋がいっぱいになる。
3・味付け。肉の上に、上白糖とたまり、昆布ダシ少々を注ぐ。
4・肉、皿に投入。
5・各自1枚ずつ肉を焼いたあとは野菜。種類は青ネギ(関西の細いヤツ)、タマネギ、椎茸、ササガキ状の人参、三つ葉。
6・野菜を食べた後は、再び肉と野菜を1クール。
7・白飯と漬け物で〆。

7350円払って、ひとり頭、肉2枚。これって、高い?安い?!
さて、肝心の味の方だが、旨いと言っていいのやら…。
そもそも関西風のすき焼きは、その場で、目分量で調味するものであって、関東の割り下のように毎回、決まった味が出せるものでもない。
そう考えるとこの店は味がどうこうというより、純然と肉を喰う店なんだなあと思う。
実際、肉は本当に軟らかい。名物だからという理由で寿き焼をチョイスしたけれど、肉本来を味わうなら、志を焼や網焼がベストな選択かもしれない。リピートするかは微妙だが、もし次があるのならば志を焼を食べようと心に誓う、小丸であった。

★三重県松阪市中町1878

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 13, 2004

エベレスト/ネパール・インド料理

調理場はフロアから見えないのだが、タウン誌などの情報によると調理はネパール人シェフが担当。それを日本人のクチにも合うように指示するのはオーナーの役目なんだそうだ。
カレーは一つひとつ、ベースからつくりこんでいるので、数種類オーダーして、あれこれ食べるのが面白い。味付けは全体的にマイルドで、さっぱりしている。とろみも薄い。スパイスを強調した味では無いので、スパイス慣れしていない高齢者や子どもでも安心して食べられるのだが、スパイス好きは少し物足りなく感じるかも。辛さの調整は甘口、中辛、辛口の3段階だが、要望に応えて更に辛くもしてくれる。
正直言って、味に文句は無い。個人的にはもっとスパイシーな方がいいけれど、美味しいと思う。
……でも、でもな。小丸はここのオーナーの話し方が、なんか気に入らん。
「インドカレー、食べたことないでしょ」といきなり決めつける、見下すような物言いは客商売にあるまじき態度だと思う。
そのクセ、2種類のサラダの違いを聞いたら、「どちらも普通のサラダで、入っているものが違います」って。説明になってないじゃん。
これって、単に小丸との相性が悪いだけなのかと思って、いろいろリサーチしてみたら、「オーナーの話がイヤだから、美味しいけど行かない」って人、複数いたぞ。それって、店としてどうなんだ!?

【食リスト】
1・パパド
  豆のせんべい。ビールにあう。
2・ベジタブルサラダ
  千切りキャベツにピリ辛のごまドレ。普通のサラダ。
3・キーママターカレー
  豚挽肉とグリーンピースのカレー。なぜか後味がチーズ。
4・マトンサグカレー
  ほうれん草のカレー。真緑のピューレ状。
5・チキンハーダラバディカレー
  ココナッツ風味のカレー。今回、オーダーした中では一番人気。
6・ナン
  もっちり感が強い。甘みはやわらか。
7・ごはん
8・マンゴーラッシー
  ヨーグルトより、マンゴーが勝っている。
9・モモ
  ネパール風ギョウザというか、小龍包。トマト風味のソースを付けて。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 09, 2004

倉野屋/居酒屋

本業は旅館だが、京都の修業から戻った若主人が一階部分の店舗で、ちょっと手の込んだものなどを食べさせてくれる。
料理の基本は和食。それも居酒屋系にしては塩気を押さえた、上品目の味付け。
ただし、茄子の煮浸しに豆板醤を利かせてみたり、手作りドレッシングのサラダが顔を出したりと「おいしければ良し」という姿勢からは、主人の若さが垣間見える。
ドリンク類にもこだわっており、最近では焼酎に力を入れ、芋、米、麦などの基本から、栗焼酎まで揃えている。
弱点は調理担当が一人のため、料理が出るのが遅いこと。また、旅館の宿泊客が多数の時は店を閉めることもある。
ちなみにダイエーホークスの倉野信次投手の実家。
【食リスト】
1・生湯葉刺身(突き出し)
  玉城町に出来た生湯葉専門店の湯葉と見た。
2・貝柱刺身
  芽ネギ、茗荷、わさび…。薬味が多いのも嬉しい。
3・茄子の煮浸し2種
  冷やした物には一味。少し暖めたものには豆板醤で辛味付け。
4・生ゆばあんかけ
  小丸たちの定番。わさびを溶かして食べるのが好き。
5・鳥の唐揚げ
6・鳥とブロッコリーのサラダ
  素焼きの鳥の味が濃く、マヨネーズ系のドレッシングに負けていない。

★三重県度会郡小俣町本町156

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Sep 08, 2004

大五郎!

『子連れ狼』の映画版で、大五郎を演じた子役が長じて、拳銃を密輸したというニュースを発見。
70年代に若山富三郎主演で作られた映画『子連れ狼』シリーズの大五郎は、全て同一人物。

そういえば、萬屋錦之助主演のテレビ版(第1・2シリーズ)で大五郎を演じた人も、殺人で捕まっている。

何かあるのか、この役には。
呪いがかかっているとか?
まあ、幼い時に冥府魔道を往けば、トラウマにはなるわなあ。

テレビの第3シリーズ子役と、93年に田村正和主演で作られた映画『子連れ狼 その小さき手に』の大五郎は、今のところ無事なようだから、呪いの率は50% !?
余計なお世話ではあるけれど、北大路欣也版で大五郎を演じていた少年の未来に、ふと思いをはせる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

泥だらけの純情

誰でも、にわかサユリスト!白いリボンの小百合ちゃんに惚れろっ
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
進富座キッズシアター/青春キネマ館実行委員会の上映会。

今まで、これっぽっちも吉永小百合を好きと感じたことのない小丸も大ハマリ。
いやあもう。白いリボンとまんまる笑顔が愛しいったらない。
こんな令嬢に迫られたらヤクザでも、何でも止める。
二人の関係性や、淫売や馬丁といった言葉に時代を感じるものの、中平康の演出自体はスタイリッシュで、おしゃれ。スピード感のあるカットワークが小気味よく、全体的にスッキリした印象を受ける。
ただし後半、主人公二人が寄り添いあい、家出を決行した辺りから、長回しが多くなり、少々冗長。
でもその分、小百合ちゃんのお姿はしっかり、たっぷり楽しめるがなっ。

ところで、クライマックスの雪山シーンと、例の大ヒット韓国ドラマの類似性が語られていた。
冬のソナタへ寄せて・・・: リメークというより複製?

実はこの映画、『裸足の青春』というタイトルで、韓国映画としてリメイクされている。
ドラマスタッフはそちらを参考にしたのかもしれないね。

泥だらけの純情(1963) -- キネマ旬報DB/ Walkerplus.com

| | Comments (0) | TrackBack (1)

黄河/中国料理

映画のなかに出てきた食べ物って、すぐに食べたくなる。
『泥だらけの純情』の場合は、
「こんな美味しいもの、今まで食べたことありません」と、
小百合ちゃんが可愛らしく(!)微笑む、タンメン。

ということで、猫と二人で黄河。
洒落ているわけでも、高級でもない、町の中国料理。
味の方も同様に親しみやすく、日常ご飯という感じ。(実際、小丸は週1で通っていた時代がある……)
久しぶりに来店したら、各メニューSサイズ設定ができるようになっており、あれこれ食べたいタイプには、更に使い勝手が良くなっていた。
町の中国料理屋というと店内が狭かったり、油汚れが凄かったりと、女性にはお薦めしづらい店が多いのだが、ここは別。道路に面した壁が一面、ガラス張りになっており、中が見渡せるうえ、フロアも明るく広いので入りやすいのだ。フロアのお姉さんが綺麗なことと、夜中3時まであいていることも高ポイント。

でも、タンメンなかった……。

【食リスト】
1・餃子
  以前は甘みが強くて苦手だったのだが、甘みが抑えられたような気が。
2・豚肉細切りとにんにくの芽の炒め物
  ごはんが進む日常中国料理。
3・中華サラダ
  味濃いめのピリ辛。ビールには合いそうだ。

★三重県伊勢市常磐2丁目2-25

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2004

自転車でいこう

腹が立ったら「むかつくわ!」と伝える。相手にハンディがあろうと、なかろうと。
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
フォークリフトとホワイトボードが大好きで、とにかくよくしゃべる季 復明(リ・プーミョン)は、大阪市生野区に住む自閉症の青年。そんな彼の日常を追いつつ、それを取り巻く町のおっちゃん、おばちゃん。同世代の青年たちの姿を写しとったドキュメンタリー作品。

障害者の姿を追うドキュメンタリーは少なくない。むしろ、多すぎると言ってもいい作品群のなかで『自転車でいこう』は特に完成度が高いわけではない。
プーミョンたち障害者が、町というコミュニティの中で生きていく姿を撮りたかったのはわかる。しかし、その視点はぶれていて、本当に監督が撮りたかったのがプーミョンたちなのか、学童保育所で働く若者たちなのか、それとも市井の人々が働く姿なのかわからなくなる。
それぞれの姿はもちろん魅力的で、それだけを追ったとしても一つの作品として成立することだろう。個人的には学童保育所スタッフを追った作品を見てみたいとも思う。

それにも関わらず、『自転車でいこう』という作品に抜きんでているものがあるとしたら、それは「笑わせる」力だろう。
プーミョンの話す、時に明快、時に意味不明な言葉たち。
落ち着きのない行動や、他人とのコミュニケーションの取り方。
そのどれもに微妙な間とズレがあり、小さな、柔らかな笑いに繋がる。
監督がプーミョンを主役に据えたのは、彼の持つその力に注目したからなのだと思う。
それはプーミョンが持つ自閉症という障害の特徴なのだが、それと同時に彼の個性である。
誰にもマネできない、彼だけが持つ個性。
それを分かっているからだろう。
彼に応じる人々は、その間に応じて実に優しく、楽しく笑う。
それは福祉関係の経験がある、なしに関わらない。
彼とふれあう人々は、自分とプーミョンを障害という言葉で区別せず、対等なのだと自然に理解しているから、笑えるのである。

障害を持つ人を笑ってはいけない。そう思い、映画を観ながら笑い声を漏らすことに罪悪感を感じた人もいるだろう。事実、映画館の中で響いたのは小丸の笑い声だけだった。
もちろん、彼らをバカにして笑うなんて論外だ。
でも、笑うことイコールバカにすることだろうか?
本当に彼らと対等な人間関係を結ぼうと思うなら、笑いあえないことはまとなことじゃない。
笑っちゃいけない。優しくしてあげなくちゃいけない。怒っちゃいけない。
こんな人間関係が楽しいわけがない。

この映画を観て、笑えない人。
学童保育所のスタッフである吉田くんとプーミョンのやりとりをみて、「ひどい」とか、「可哀想」とか思った人。
幼なじみであるチッチの「アホにアホって言うたらあかんと思ってた」という言葉に眉をひそめる人。
そんな人たちは映画を観るより、実際に子どもやハンディを持つ人たちにふれあってみたらいい。
できれば一日ではなく、数週間、数ヶ月という単位で。

それから、もう一度この映画を観ればいい。きっと笑えるようになるはずだから。

自転車でいこう

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Sep 02, 2004

サンダーバード

ツッコミ不可!レディ・ペネロープの衣装替え。
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
友人の「この夏一番だから!」というセリフにのせられて鑑賞。
クチコミには取りあえずのる。

ストーリーのポイントは、あの国際救助隊が、少年少女に救助されること。
少年たちの冒険物語はさわやかで、青春物&子ども映画好きとしては押さえて大正解。
でも、これを「サンダーバード」でやる必要ってあったのかな?
子どもの時に見ていた作品のリメイクばやりの中。
きっちりそのはやりにのって「CASSHERN」も「キューティーハニー」も見た。
その度に思うのは、作品の出来不出来はともかく、「なぜ、そのキャラクターが必要だったのか?」ということ。
リメイクは古いファン+新しいファンを呼び込めるし、古いファンは小金を持った30代以上だ。
配給側にとって、リスクが低いことは、重々承知で、あえて作り手側に問いたい。
映画を一本取り上げるだけの才能があるなら、オリジナルのストーリー、キャラクターで撮りたくないの?と。
まあ今回は、レディ・ペネロープの衣装とお姿を拝見しただけで、料金分はクリア。
惜しむらくはパーカー役がローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)じゃなかったこと。
こう思うのは、小丸だけでは無いのだよ。

サンダーバード
THUNDERBIRDS Japan

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Sep 01, 2004

ハーベスト/カフェ・ダイニング

ランチは、日替わりのパスタ、ピザ、メイン料理の3種類から選択するランチメニュー+バイキングというスタイル。
バイキングはスープ3種類、サラダとお総菜が8種類というところ。
実はこの店。前に来た時は料理が出てくるのが遅くて、イライラしたんである。
なので、メインが出て来る前に、スープやサラダをセルフでチョイスするバイキングスタイルは、正解のように思う。時間待ちが気にならなくなるからね。

難点をあげるとしたら立地。阪急電車の高架下にも関わらず、二階部分まで吹き抜けになっているため、定期的に轟音が…。心安らかにお茶したい時には不向き。

食リスト
1・ハーベストランチ/サーモンフライ・シーザーソース
(サーモンの下にはレタス、ルッコラ、マカロニ。上にはチーズ、クルトンのほか、みじんぎりしたゆでたまご、パプリカ、ズッキーニ)
  カラフルで、こじゃれた盛りつけ。さすがカフェ〜。乙女心わしづかみである。
  フライの衣がクリスピーなのが気に入った。

★大阪府北区芝田1-6-2 阪急かっぱ横丁 古書のまち内
ハーベスト

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酔鯨亭/居酒屋

友人が以前から気になっていたというので入店。
どろめやクジラ、ウツボなど、高知の名物が揃い、酒も高知の酔鯨。
それ以外は味も、店の雰囲気も普通の居酒屋で、可もなく不可もなく。
小丸は多分、リピートはしない。

食リスト
1・カツオの角煮(突き出し)
2・季節のまんじゅう
  今回はじゃがいもにあおさのりを混ぜたもの。あおさの香りが良い。
3・まぐろの背びれ酢みそ
  まぐろの背びれは初体験。グミキャンディにも似た歯触り。
  クセの無い味なので、試しに醤油で食べてみたら、少し生臭かった。
  酢みそが正解。
4・あおさのり天ぷら
  ここのあおさは四万十川で採れたものだそう。
  こちらも香りが良く、さくさくした食感で箸が進む。
5・クジラの生姜焼き
  レバーのような味。血合いのためか?
  刺身、カツ、竜田揚げなどは食べたことがあったが、生姜焼きは初めて。
6・アサリのみそ汁
  アサリが、まずい……。

飲リスト
1・酔鯨純米吟醸
  スッキリして水の様に呑みやすい。そのため、小丸の好み外。
2・酔鯨純米吟醸うすにごり
  見た目は極薄のカルピス。にごりの分、酸味とコクが増した。

★大阪府北区芝田 阪急かっぱ横丁 古書のまち内

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »