« 黄河/中国料理 | Main | 大五郎! »

Sep 08, 2004

泥だらけの純情

誰でも、にわかサユリスト!白いリボンの小百合ちゃんに惚れろっ
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
進富座キッズシアター/青春キネマ館実行委員会の上映会。

今まで、これっぽっちも吉永小百合を好きと感じたことのない小丸も大ハマリ。
いやあもう。白いリボンとまんまる笑顔が愛しいったらない。
こんな令嬢に迫られたらヤクザでも、何でも止める。
二人の関係性や、淫売や馬丁といった言葉に時代を感じるものの、中平康の演出自体はスタイリッシュで、おしゃれ。スピード感のあるカットワークが小気味よく、全体的にスッキリした印象を受ける。
ただし後半、主人公二人が寄り添いあい、家出を決行した辺りから、長回しが多くなり、少々冗長。
でもその分、小百合ちゃんのお姿はしっかり、たっぷり楽しめるがなっ。

ところで、クライマックスの雪山シーンと、例の大ヒット韓国ドラマの類似性が語られていた。
冬のソナタへ寄せて・・・: リメークというより複製?

実はこの映画、『裸足の青春』というタイトルで、韓国映画としてリメイクされている。
ドラマスタッフはそちらを参考にしたのかもしれないね。

泥だらけの純情(1963) -- キネマ旬報DB/ Walkerplus.com

|

« 黄河/中国料理 | Main | 大五郎! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45082/1385879

Listed below are links to weblogs that reference 泥だらけの純情:

» アンブローズ ビアス [ひとりごとのつぶつぶ]
小丸さんからトラックバックをいただいたので昨日の続き。そしてアンブローズ・ビアス [Read More]

Tracked on Sep 08, 2004 at 19:56

« 黄河/中国料理 | Main | 大五郎! »