« 大五郎! | Main | エベレスト/ネパール・インド料理 »

Sep 09, 2004

倉野屋/居酒屋

本業は旅館だが、京都の修業から戻った若主人が一階部分の店舗で、ちょっと手の込んだものなどを食べさせてくれる。
料理の基本は和食。それも居酒屋系にしては塩気を押さえた、上品目の味付け。
ただし、茄子の煮浸しに豆板醤を利かせてみたり、手作りドレッシングのサラダが顔を出したりと「おいしければ良し」という姿勢からは、主人の若さが垣間見える。
ドリンク類にもこだわっており、最近では焼酎に力を入れ、芋、米、麦などの基本から、栗焼酎まで揃えている。
弱点は調理担当が一人のため、料理が出るのが遅いこと。また、旅館の宿泊客が多数の時は店を閉めることもある。
ちなみにダイエーホークスの倉野信次投手の実家。
【食リスト】
1・生湯葉刺身(突き出し)
  玉城町に出来た生湯葉専門店の湯葉と見た。
2・貝柱刺身
  芽ネギ、茗荷、わさび…。薬味が多いのも嬉しい。
3・茄子の煮浸し2種
  冷やした物には一味。少し暖めたものには豆板醤で辛味付け。
4・生ゆばあんかけ
  小丸たちの定番。わさびを溶かして食べるのが好き。
5・鳥の唐揚げ
6・鳥とブロッコリーのサラダ
  素焼きの鳥の味が濃く、マヨネーズ系のドレッシングに負けていない。

★三重県度会郡小俣町本町156

|

« 大五郎! | Main | エベレスト/ネパール・インド料理 »

Comments

小丸さん、おはようございます。
ご訪問&TBも頂き有難うございました。
茄子の煮浸しに豆板醤っていうのもいいですね。
ここの居酒屋は、倉野信次投手の実家なんですね。
私も居酒屋や焼き鳥屋は大好きです。

Posted by: うさうさ | Sep 11, 2004 at 07:27

うさうささん、コメントありがとうございます。
ちょうど食事をしている時に、倉野投手が打ち込まれてしまいまして…。
お母さんと若主人は気もそぞろという感じでした。

Posted by: 小丸 | Sep 13, 2004 at 17:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45082/1396967

Listed below are links to weblogs that reference 倉野屋/居酒屋:

» 焼きなすの中国風ソース [超簡単!うさうさレシピ]
        2人分       [調味料] なす            3 [Read More]

Tracked on Sep 10, 2004 at 07:08

« 大五郎! | Main | エベレスト/ネパール・インド料理 »