« October 2004 | Main | December 2004 »

Nov 02, 2004

天国の青い蝶

作り物は、本物には勝てない……のか!?
… … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
(ネタバレ注意)
コスタリカの自然と、そこに息づく生き物たちが圧巻である。
その美しさの前には、ストーリーや演出すら不要に思えるほどだ。
なかでもCGを使用した演出は、無用の長物と言うほかない。
CGを使わなくても、この自然の中に、夢魔や奇跡を表現するあらゆる素材があったはずだ。

脳腫瘍という重病を抱えながら、憧れの青い蝶を追い求めた少年。
夢にまで見た蝶を手に入れた時、彼の体から病魔は消え去っていた…というウソのような本当の話も含めて、この映画は真実に、何一つ勝っていない。

天国の青い蝶オフィシャルサイト|THE BLUE BUTTERFLY

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Nov 01, 2004

バラライカ/ロシア料理

ベラルーシ料理と比較してみようと思ってでかけた、神戸の老舗、ロシア料理店。
でも、料理として重なっているのは「ボルシ(ボルシチ)」のみだった。
セットメニューを頼んだのだが、一品一品がボリュームたっぷり。お腹が空いている時に行くのが良いかも。
友人はここのピロシキのファンで、それだけを目的に神戸を訪れることもあるそう。
でも、小丸的にはベラルーシ料理の勝ち。

【食リスト】
カツレータセット
1・ボルシ
ミンスクのボルシチがスープなら、ここのボルシはシチュー。大ぶりにカットした肉、ジャガイモ、キャベツが存在感たっぷり。サワークリームの酸味が程良い。
2・ピロシキ
ふっかふかである。もう本当にふっかふかなんである。
3・カツレータ(ロシア風ハンバーグ)
まん丸いハンバーグ。サワークリームだろうか、若干酸味がある。それ以外はフツーのハンバーグ。
4・ロシアンティ(ドリンクはチョイスできる)
いちごとバラのジャムを入れて飲む。ジャムの中からバラの花びらが溶け出て、紅茶に散る。昔の少女マンガの乙女になった気分(大笑)

……以下、友人とシェア
4・ヤズィツク(タンシチューのつぼ焼き)
歯ごたえがきちんと残っているのに、固くないタン。ソースは少な目で、あっさり味。
5・ガルショチク(海の幸クリーム煮のつぼ焼き)
ホワイトソースが若干、塩気が強い目。白身魚、海老、ホタテなどが入っている。
【飲リスト】
1・ロシアビール(オチヤコボ)
オチヤコボとは首都の意味って、ボトルに書いてあった。酸味のある、爽やかな味。

★兵庫県神戸市中央区中山手通1-22-13ヒルサイドテラスビル3F
純ロシア料理-バラライカ-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »