« めんどくさがりの遺産分割申告Vol.2 | Main | 2006年です »

Jul 20, 2005

めんどくさがりの遺産分割申告Vol.3

12月下旬に行った母の四十九日で顔を合わせたものの、正式に遺産分割の話をすることになったのは年を越した1月中旬のことだった。
ウソのような話だが、母の葬儀の翌日に倒れた小丸は病気が見つかり、12月中に手術するハメになったのだ。その結果、1回目の話し合いから2カ月近く間が空いてしまったのである。
しかし、1回目の話し合いも、四十九日も和やかに済ませたという思いがあった小丸たちは、その時間の経過については気にもとめていなかった。

ところが、その間に何かがおっさんに起こっていた。
誰に入れ知恵されたのか知らないが、これ以降、おっさんは要求をエスカレートさせていくのである。
2回目の話し合いで「家と土地の名義は、小丸と自分の共同名義」に。
3回目には「家と土地は自分の名義。維持管理は小丸」に変わった。
共同名義まではいくつの条件を出し、それさえクリアしてくれれば言い分を飲むつもりだったが、3回目の要求は小丸も弟も、簡単に飲むわけにはいかなかった。
それは最初の話と違いすぎるし、おっさんが伝家の宝刀の様に使う「母の遺言」とも違う。
小丸たちは数回の話し合い中、言葉を、法律を、最終兵器「母の遺言」まで持ち出して、おっさんに譲歩案を提案したが、おっさんはどんなことを言われても、自分の要求を引く様子は見せなかった。
そして言ったのである。
「お前たちは信用できん!」

……どっちが!?
怒りながらも、小声でツッコむことは忘れない小丸だった。

|

« めんどくさがりの遺産分割申告Vol.2 | Main | 2006年です »

Comments

暑中見舞い申し上げます・・・

Posted by: まるてん | Jul 27, 2005 at 20:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45082/5065449

Listed below are links to weblogs that reference めんどくさがりの遺産分割申告Vol.3:

« めんどくさがりの遺産分割申告Vol.2 | Main | 2006年です »